menu

共に未来を創る
Jリーグ

クライアント

Jリーグ

共感づくりのためのメッセージ

共に未来を創る

共感づくりのためのアプローチ

設立時の理念に「社会貢献」を掲げてはじまった、日本のプロサッカーリーグ、Jリーグ。

Jリーグ25周年イベント「 Jリーグをつかおう!」のイベント撮影を通したブランディングのご相談を頂きました。私たちが考えたのは、単なるイベント映像の記録にならないよう、何をやったかを伝えるよりも「なぜ」やるのかを伝えること。そこから生まれた共感を生み出すメッセージは「Jリーグが、なぜやるのか」。

Jリーグは25周年を迎えて、社会連携のプラットフォームになるという構想を掲げています。そのキックオフイベントとして、今回のワークショップを開催。ワークショップの様子を伝えるだけでなく、なぜ、Jリーグが社会連携に取り組むのか?その考えを広く一般の人たちに知ってもらい、理解してもらえるように努めました。同時に、300人のワークショップの規模感と会場の熱意が伝わるよう映像に仕上げています。

このイベントをキックオフとして、様々な社会連携活動が生まれ、全国各地のJクラブが積極的に取り組んでいます。

MORE WORKS他の事例を見る

一覧にもどる