menu

ライフスタイルを届ける場所
蔦屋書店

クライアント

蔦屋早葉店

共感づくりのためのメッセージ

ライフスタイルを届ける場所

共感づくりのためのアプローチ

ライフスタイルを提案する本屋として、全国に展開されている蔦屋書店。

単なる本屋ではない、説明の難しい蔦屋書店のコンセプトを伝える映像をお作りさせて頂く上で、どんな「想い」で本屋をつくり、毎日運営をされているのか。私たちはその想いにフォーカスしながら台本ライティングを行い、実際に蔦屋書店で過ごす人たちの様子を通して届けることにしました。共感づくりのメッセージは蔦屋書店そのもののコンセプトでもある「ライフスタイルを届ける場所」。

私たちは役者を起用するのではなく、蔦屋書店にお越し頂いているお客様を被写体にし、蔦屋書店が地域の中でどのような役割、存在になっているかをレンズを通して写し出すというアプローチを取りました。「想い」を届けていくことで、そこに共感した人々が集まる場になっていく。そんな気持ちを私たち自身も込めながら制作させて頂きました。

完成した映像を、配信サイトを始め活用いただくことで、なかなか伝わりづらい蔦屋書店のコンセプトが、およそ3分30秒で心に響きながら理解していただける、そんな役割を担っています。

MORE WORKS他の事例を見る

一覧にもどる