menu
ユニオンシステム株式会社

課題

建築業界の採用のミスマッチを、なくす

クライアント

ユニオンシステム株式会社

建築構造計算ソフトウェアの開発・販売を行うユニオンシステム株式会社。 自社で運営されている建築設計業界に特化した求人サービス「A-worker」のリニューアルに伴い、 建築業界の採用のミスマッチを、なくすというミッションを実現するお手伝いをさせて頂きました。

大手の人材紹介サービスがひしめく中、単なるプロモーションでは、訴求力として弱いと考え、 私たちはA-workerならではの「独自性」は何かを掘り下げていきました。その過程で、A-workerの他社にはない思想を発見。 小規模設計事務所にスポットをあて、個性ある建築設計士たちが活躍していることを求職者たちが知る機会をつくっていること。 画一的な情報だけでなく、企業と求職者がお互いを知ることのできる機能を持たせ、採用のミスマッチをなくしていくこと。

この2つは、機能の違いというよりも、思想の違いであり、 共感を生み出すためのメッセージとしてまとめあげることで就活生や採用担当者の双方の共感をつくれるのではないかと考えました。 そうして生まれた共感づくりのためのメッセージが、

建築人に、一生モノの出会いを。

このメッセージを軸として、広告主と求職者というニーズの異なる2つのターゲット層にコンセプトを伝えるため、 広告主向けと求職者向けに2種類のコンセプトムービーを作成することになりました。

メッセージを映像表現に落とし込んでいく上で、広告主と求職者で伝える内容がリンクする部分も多く、A-workerの採用映像コンテンツとして、 一つのデザイントーンで統一していこうと考えました。

そのため、トーンを統一しながらも「使用するアクセントカラーをそれぞれの映像で設定する」ということをご提案させていただき、 A-workerのコーポレートカラーのブルーをベースに、広告主は年齢層がやや高いので、ブルーと色相環の近い落ち着いた印象のグリーンを、 求職者は学生が主になり年齢層がやや低いので、色相環が反対の活動的な印象のオレンジを選択しました。

広告主向けカラー
広告主向けカラー
求職者向けカラー
求職者向けカラー
A-worker
A-worker
A-worker
A-worker
A-worker
A-worker
広告主向けムービー
求職者向けムービー

外部への共感をつくるだけでなく、同時にユニオンシステム社内においても、 A-workerは「人材紹介サービス」ではなく、「建築人に、一生モノの出会いを」をつくるサービスとして、関わる社員の皆さんの共感も生み出しています。

MORE WORKS他の事例を見る

一覧にもどる