お客さまの
「ブランディング部」として

自社が発信しているホームページ、紙媒体、
映像、空間などのメッセージやデザインが
一貫性がなくブランド化できないというお悩みを、
私たちはお客さまの「ブランディング部」としての
存在になることで、解決します。

中小企業やスタートアップ企業においては
発信を一元管理する部署がない、ブランディングや
デザインに詳しい社員がいない。ということが良くあります。
またそれを解決するために社内に人を雇い、
育成していくことは、高いハードルです。

私たちはそのような経営課題に対し、
メッセージ性やデザインを活用したブランディングを一貫してお引き受けし、身近に相談して頂ける
パートナーになって、お手伝いします。

企業ブランディング 会社 企業ブランディング 会社

共感デザインのプロセス

私たちは末長く続くブランドには共感が必要だと考えています。
「共感」を生み出すために、
お客さまの事業に対する「想い」を丁寧に引き出し言語化し、
それをどう視覚化したら想いがもっと伝わるのかという観点で
媒体を横断しデザインすることで、共感を生み出していきます。

「想い」のヒアリング

経営者や役員、職種ごとの社員の皆さんへ自社事業への想いや
日々の仕事で感じていることなど、多岐に渡ってご質問をさせて頂き、
経営課題を明確化するとともに、ブランドの起点となる「想い」を引き出します。

「想い」の言語化

お伺いした「想い」をもとに、企業におけるパーパスやミッション、事業コンセプト、
ブランドコンセプトなど、事業運営をしていく上で全ての指針となる言葉を言語化します。

パーパス
ミッション
コンセプト
パーパス
ミッション
コンセプト

「想い」の視覚化

言語化したメッセージを視覚的にどのように表現すると、お客さまの想いがターゲット層に
より届くのかという視点で、企業の情報発信の複数の接点をデザインし、ブランドを形成します。

トータルデザイン
ロゴ
Visual Identity
ホームページ
映像
空間
トータルデザイン
ロゴ
Visual Identity
ホームページ
映像
空間

深い企業理解を元にした、
アウトプット

自社のブランディングをする際、それが事業のことでも
採用のことでも、大切なことは
パーパスやミッションなど会社の中核にある想いを起点に
メッセージとデザインを、一貫性を持って届けていくことです。

そのためには社内だけでなく、制作を依頼する協力会社にも
パーパスやミッションをはじめとする自社の方針や想いを、
深く理解してもらうことが必要になります。

会社の発信を媒体ごとにバラバラに依頼する場合、
自社を深いレベルで理解してもらうのが難しくなるだけでなく、
依頼する会社ごとに、またゼロから自社の説明が必要になり、
不要なコミュニケーションコストも発生します。

会社のブランディング、強い共感づくりには時間がかかります。
だからこそ、それを一緒に取り組む会社と
末長く続く関係を築くことによって、自社のことも
「うちの会社のことは、もうよくご存知だと思うので。」
という会話で済むような、自社への深い理解をベースにした
一貫性のあるアウトプットが生まれていきます。

企業ブランディング 会社

Contact

共感ブランディングに関する
お問い合わせはこちらから。