menu

想いをカタチづくる場所
ツバキスタイル

クライアント

ツバキスタイル

共感づくりのためのメッセージ

想いをカタチづくる場所

共感づくりのためのアプローチ

化粧品ブランドの裏方として、長年、お客様の「想い」を化粧品容器というカタチへ変えてきたツバキスタイル。

新工場の建設に伴い、もっとお客様に自社工場を知ってもらいたいという想いから企業ブランディングのご相談を頂きました。ヒアリングを重ねることでツバキスタイルの容器製造に対する考えに私たち自身が共感し、工場を単に製造する場所と据えるのではなく「商品に込めた想いをカタチづくる場所」を、共感づくりのメッセージとしました。

その上で、ブランディング動画を制作。一つ一つの工程は、単に一つの作業ではなく、商品を作るに当たって開発段階から長い時間をかけて考えられ、様々な試行錯誤の上に辿り着いた最終工程です。全ては商品がお客様が手に取る瞬間までを考えて作業を行なっているという、ツバキスタイル様の想いを届けられるような映像を目指しました。

MORE WORKS他の事例を見る

一覧にもどる