menu

ライフスタイルを届ける場所
蔦屋書店



クライアント

蔦屋書店

共感づくりのためのメッセージ

ライフスタイルを届ける場所

共感づくりのためのアプローチ

全国にTSUTAYAや蔦屋書店、図書館、T ポイントカードを展開し、ライフスタイル提案を行うカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)。

レンタル屋としての認知が高いTSUTAYAは、モノをレンタルしたり買ったりするための場ではなく、実際は本や映画、音楽などを通して人々にライフスタイルを提供する場。というTSUTAYA事業のコンセプトがあります。そしてそのコンセプトは代官山にオープンした蔦屋書店によって、より明確に表現されました。
私たちはそのコンセプトを共感づくりのメッセージとし、たくさんの方に知って頂くことが他社との差別化をする上で大切なポイントになると考えました。

今、世の中にたくさんのサービスが溢れる中で、真に差別化となるもの、そしてお客さまの心に届くもの。それはサービスを届ける側の「想い」である。と、私たちは考えています。だからこそ事業のコンセプトや想いを伝えることは非常に重要であり、「伝わること」でお客さまにとっての「ちょっと特別な存在」へ、ブランドへと変わっていけるのではないでしょうか。私たちは漠然とした難解なコンセプトという存在を紐解き、分かりやすく噛み砕きながらお客さまの「想い」を届けています。

この映像が縦型の理由。それはこの映像が蔦屋書店の社員の皆さんが、自分のスマホでいつでも蔦屋のコンセプトを気軽に見返すことができるように。というブランディングとしての想いも込めて、縦型のフォーマットを選んでいます。日々の仕事の中で立ち返れる場所がポケットの中にある。そんな存在になれる映像を目指しました。

MORE WORKS他の事例を見る

一覧にもどる